地盤の問題等で予定よりも工期がかかってしまいましたが、F様もお喜びになられ大変うれしく思います。住むほどに味わいの増すお住まいで、経過を楽しみながら生活して頂けたらと思います。

 

▼外観。 一階の外壁は、杉板を使用しています。2階はガルバを使用。 ウッドバルコニーが2ヶ所、ウッドデッキが1ヶ所備え付けてあります。

 

 

 

▼天井羽目板、腰壁の赤松材、フローリングのヒノキ材、そして窓枠材、巾木にいたるまで全て天然の無垢材を使用しています。天井を高くとったリビングには開放的な空間が広がります。ウッドバルコニーからの日差しがリビング全体に入り込みます。

 

 

 

 

 

 

▼スキップフロアによって家族の距離を近くに感じられます。

 

▼雰囲気のある温かい玄関。

 

 

 

 

▼F様へのサプライズ! 解体前のF様邸はお父様が建てられた思い出の詰まった大切なお住まい。 その床柱で使用していたエンジュの木を解体時に残しておきました。 そして新しいお住まいのお母様の部屋に設けた仏壇入れ。 そこに思い出のエンジュの木を加工し使用しました!

 

 

おすすめの記事