打ち合わせが始まり、着工から竣工までの長い工期の間、色々と不都合があったと思いますが、ご理解とご協力を頂き心から感謝申し上げます。耐震基準改正による許可申請などの件では、気苦労をおかけしたと思いますが、無事こうして落成出来たことをうれしく思っております。今後とも末永いお付き合いを宜しくお願い申し上げます。

 

▼神殿。上段の框、縁甲板(床材)はヒノキを使用しています。神親柱は7寸の吉野ヒノキ、長押は5寸のヒノキ柾材です。

 

▼参拝場から神殿を見る

 

▼神殿天井板は杉の根杢(ねもく)材で仕上げています。神親柱は7寸の吉野ヒノキ、長押は5寸のヒノキ柾材です。

 

 

 

▼客間として使用する和室は、六畳と八畳の二部屋を襖で間仕切っています。床柱は北山杉絞り丸太を使用し、天井は杉杢敷目張りで仕上げました。

 

 

▼神殿に大勢の人が集まることから、業務用のガスレンジを備え付け、また配膳・調理・食洗を大人数で出来るよう、大型のアイランドキッチンを設けています。

 

 

 

おすすめの記事