ジャスティスの本社から5分ほどの場所にある企業様で、大変大事にされている弁天様のお社と雨屋の建替え、弁天様へ続く道の外構工事のお仕事をさせて頂く運びとなりました。心より感謝申し上げます。
大変立派な銅葺きの屋根が特徴的な雨屋も、経年劣化によって大分傷んできておりました。
匠の技に感謝の想いを込めて一生懸命作業にあたりました。

▼建替え前

 

▼既存の雨屋を屋根から解体していきます。反り屋根の下地胴縁を一本一本解体し、構造材へと移っていきます。伝統建築に携わり構造を理解していないと難しい作業です。

 

▼作業場で加工を施した木材を、現場で丁寧に組み上げていきます。桧材、杉材、全て適材適所に用いて、今後永い時間を経ても不具合の出ないように妥協のない職人技が光ります。技術をいかんなく発揮するのはもちろんのこと、このようなお仕事を頂けることに感謝をし作業に当たらせて頂きました。屋根は銅葺きで仕上げていきます。年月が過ぎていけばいくほど味わい深い趣を魅せます。

 

▼工事前

▼工事後

 

▼工事前

 

▼工事後

 

▼工事前

 

▼工事後

おすすめの記事